GUAYAKI BRAND YERBA MATE

All About Mate

  • ホーム
  • 強力な抗酸化作用

強力な抗酸化作用

抗酸化物質とポリフェノールを最も含むイェルバ・マテ

1964年にパストゥール研究所とパリ科学学会はこのビタミン豊富なマテに関心を持ち、その特性の研究を行いました。研究者は「マテと同じ栄養価を持つ植物を世界中で探しても難しいであろう」、またイェルバ・マテには「生命を持続させるために必要なすべてのビタミン」を含んでいると結論付け ました。さらに、マドリード大学の研究では、イェルバ・マテから多くのミネラル分が検出され、中でもカリウム、マグネシウム、マンガンなどが特に多く含まれていることが分かり、マテ茶の高い栄養価を関連付ける重要な結果となりました。

「イリノイ州シャンペーン市— Comprehensive Reviews in Food Science and Food Safety (doi 10.1111/j.1541-4337.2010.00111.x)にて出版された最近の研究によるとイェルバ・マテを使用した飲料は他のお茶ベースの飲料やお茶をベースとしない飲料の中で抗酸化物質とポリフェノールを最も含んでいる事が分かりました。グアヤキ・イェルバ・マテ、 ホネスト・ティー、モンスター・エナジー、レッドブルとソーベなどのブランドがこの研究で使用されました。

アルバーナ・イリノイ大学の研究者たちは市場の規模、ターゲット層、有効成分、効用、安全と規制を中心にアメリカのエネルギードリンク市場の調査を行いました。ORAC分析を使い、お茶ベースでない16ブラントとイェルバ・マテを含むお茶ベースの15ブランドの一般的なエネルギードリンクの抗酸化物質含有量とフォリン・シオカルト・メソッドによるポリフェノールの含有量を計測しました。

その結果、お茶ベースのエネルギードリンクはお茶ベースでないものより遥かに高い抗酸化物質とポリフェノール濃度が検出されました。イェルバ・マテ飲料は一般的なお茶ベースでないドリンクに比べ、100倍近い抗酸化物質とポリフェノールが含まれている事が分かりました。そしてお茶ベースのドリンクの中で抗酸化物質とポリフェノールが一番高かったのはグアヤキ・イェルバ・マテでした。」

脚注: http://www.naturalproductsinsider.com/news/2010/06/yerba-mate-drinks-have-most-antioxidants-polyphenols.aspx

研究の全編を読むにはこちらでダウンロードしてください。.

イェルバ・マテに含まれる抗酸化性質の臨床研究

イェルバ・マテには著しい抗酸化作用があります。1995年にBiochemicaland Molecular Biology Internationalで出版された研究によると、イェルバ・マテから抽出した水製エキスには「ブチルヒドロキシトルエンやアスコルビン酸(ビタミン C)よりも効能のある抗酸化物質がある」事が結論付けられています。数年後、研究者たちは再度マテ茶(Ilex paraguariensis infusions)の抗酸化性質の研究を行いました。その研究結果はBiochemical and Biophysical Research Communicationの2000年3月号に出版されました。そこには「イェルバ・マテから抽出されたエキスを摂取することによりその生物のフリーラジカル攻撃に対する抗酸化力を高めるのに役立つ可能性がある」とされました。さらに2001年11月号のFitoterapiaの最近の研究で、南アメリカ の7種類の植物を調べたところ、イェルバ・マテには「その他分析されたどの植物種よりも高濃度のフラボノイドとカフェオイル由来成分」が検出されたことが発表されています。